研究者詳細情報

  • 研究者氏名
    高石 大吾
  • 所属(現職)
    京都市産業技術研究所 窯業系チーム
  • 担当業務
    「セラミックス,無機材料,粉体などに関する試験及び技術相談」「担当機器:X線回折測定装置,熱分析装置,粒度分布測定装置など」
  • 研究分野
    セラミックスやガラスの製造技術の高度化と応用技術の開発
  • 論文
    「TEMPO 酸化セルロースナノファイバーによるセラミックスラリーの分散安定性向上と鋳込成形への効果」, 粉体工学会誌 Vol. 56 No. 10(2019).
  • 学会
    日本セラミックス協会,粉体工学会
  • 保有知財
    特開2018-090454「無機材料含有組成物,及び,鋳込成形品の製造方法」
    特許第6077193号「シリコン微粉末の製造方法,及び窒化シリコン微粉末の製造方法」
    特許第5196444号「無アルカリガラスを用いたセラミックス材料およびセラミックス構造体の製造方法」
  • 備考
    京都は焼き物だけでなく、セラミックスでも日本有数の産地です。地元の産業を盛り上げるよう今後もより一層業務に努めていきたいと思います。