産業技術支援フェアin KANSAI 2021―ものづくり×「いのちを救う」―


ログインページはこちらから


◆コンセプト

ものづくり×「いのちを救う」
電池、健康管理、生分解性材料、⽔資源、省エネ、AI・IoT、⼤阪・関⻄万博の⽬標でもあり、未来社会のあり方として関⼼を集めるSustainable Development Goals-持続可能な開発目標-の達成に役立つ、各機関⼀押しの技術です。
⼀緒に未来につながる産業技術を考えてみませんか︖


◆⽇時

令和3年11月19日(金)
(第1部)9:45~15:05 受付開始9:45~
(第2部)13:00~17:05 受付開始12:30~


◆会場

ブリーゼプラザ
大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー7階・8階
※先着100名(第1部・第2部各50名)


◆参加費

無料、ただし事前申込必要(会場及びWeb共通)


◆申込先

大阪産業創造館
» https://www.sansokan.jp/events/eve_detail.san?H_A_NO=34223


◆内容
【講演会】(Webライブ配信実施)
○13:00~13:05
 開会挨拶
 産業技術総合研究所関西センター所長  辰巳 国昭
○13:05~13:30
 新型コロナウイルスに対するワクチンの最新情報とポストコロナ時代の2025大阪・関西万博の意義
 大阪大学大学院医学系研究科  森下 竜一 氏
○13:35~14:00
 感染症の即日診断を可能とする次世代核酸検査機器の開発
 産総研・阪大先端 PhotoBIO-OIL  永井 秀典 氏
○14:05~14:30
 CooLな技術でイノベーションを起こし“いのち”へコミット
 フクシマガリレイ株式会社  福島 豪 氏
○14:35-15:00
 サワラで煮干しを作っちゃいました
 鳥取県産業技術センター 食品開発研究所  加藤 愛 氏
○15:00~15:05
 閉会挨拶
 大阪産業技術研究所 理事長  小林 哲彦

※講演テーマ・登壇者は都合により変更になる場合があります。


【パネル展示】(eパネル展示実施)
 eパネル展示期間:令和3年11月12日(金)から12月17日(金)まで

(出展機関)
 国⽴研究開発法⼈産業技術総合研究所
 地⽅独⽴⾏政法⼈⼤阪産業技術研究所
 福井県⼯業技術センター
 滋賀県⼯業技術総合センター
 滋賀県東北部⼯業技術センター
 京都府中⼩企業技術センター
 地⽅独⽴⾏政法⼈京都市産業技術研究所
 兵庫県⽴⼯業技術センター
 奈良県産業振興総合センター
 和歌⼭県⼯業技術センター
 地⽅独⽴⾏政法⼈⿃取県産業技術センター
 徳島県⽴⼯業技術センター

◆主催、協力、後援機関・団体
・主催
国⽴研究開発法⼈産業技術総合研究所
地⽅独⽴⾏政法⼈⼤阪産業技術研究所
関⻄広域連合
⼤阪商⼯会議所
公益社団法⼈関⻄経済連合会
公益財団法⼈⼤阪産業局
⼀般社団法⼈関⻄経済同友会

・協力
関⻄・共創の森(METI, INPIT, AIST, NITE, NEDO, JETRO, SMRJ, JST)

・後援
経済産業省近畿経済産業局(地域経済部)
国⽴研究開発法⼈新エネルギー・産業技術総合開発機構関⻄⽀部
国⽴研究開発法⼈科学技術振興機構
独⽴⾏政法⼈製品評価技術基盤機構
独⽴⾏政法⼈中⼩企業基盤整備機構近畿本部
独⽴⾏政法⼈⼯業所有権情報・研修館近畿統括本部
独⽴⾏政法⼈⽇本貿易振興機構⼤阪本部
一般財団法人日本規格協会
公益財団法人新産業創造研究機構
公益財団法⼈関⻄⽂化学術研究都市推進機構
⼀般財団法⼈⼤阪科学技術センター
関⻄SDGsプラットフォーム
公益財団法人2025年日本国際博覧会協会事務局
関⻄イノベーションイニシアティブ
株式会社りそな銀⾏
株式会社池⽥泉州銀⾏
⼤阪信⽤⾦庫


◆問合せ
【内容に関すること】
産業技術支援フェア in KANSAI 事務局
E-MAIL:sdgs-kansai-ml@aist.go.jp

【参加申込手続に関すること】
大阪産業創造館イベント・セミナー事務局
TEL:06-6264-9911 FAX:06-6264-9899 E-MAIL:ope@sansokan.jp
受付時間:月‐金 10:00~17:30 (祝日除く)



ログインページはこちらから